Barbour(バブアー )イギリス王室御用達ブランド

barbour

Barbour(バブアー)の歴史

変わらぬ性能と耐久性で100年以上に渡って、英国のアウトドアマンに愛用され続けているブランドです。

真摯なものづくりと、その高い品質が認められて、1974年にエディンバラ公から、1982年に女王陛下から、1987年にはウェールズ皇太子殿下から、「イギリス王室御用達(ロイヤル・ワラント)」の栄誉を賜りました

エリザベス皇太后が逝去されてしまったため、ロイヤル・ワラント最高峰3つ全てを保持していることは大変に希少です。

英国上流階級のアウトドア・ライフスタイルを体現するブランドであるバブアーは、1894年、ジョン・バブアーによりイングランド北東部のサウスシールズで創業。北海の不順な天候の元で働く水夫や漁師、港湾労働者のために、オイルドクロスを提供したのが始まりでした。その革新的なオイルドクロス製の防水ジャケットは耐久性が高く、瞬く間にバブアーの名声を広めていきました。
…(省略)…
70年代に入ると、ハンティング、フィッシング、乗馬といった英国のアクティビティと密接にリンクすることでカントリー・ジェントルマンの装いを彩り、英国を代表するアウトドア・ライフスタイルブランドとしての確固たる地位を築きました。現在ではアウトドアユースだけでなく、ファッションとして自分のスタイルにこだわりのある人々に絶大な人気を誇っています。(出典:バブアー公式オンラインストア)

オイルドジャケットとは

生地の表面にオイルを塗り込むことで表面に光沢と防水性、保温性を持たせていることが特徴として挙げられます。その重厚な存在感は、本物を求める大人の男性の間で憧れの存在となっています。

オイルを上質なコットン生地にぎゅっと染み込ませているので、触って手がベタベタするという程ではありませんが、長時間の着用で衣服にオイルが移染する可能性があり、お手入れや着用に手間と気遣いを必要とします。

道具を大切にして長く付き合う英国紳士の心意気を感じさせ、時間と手間をかけるほど愛着が湧くということで世界中に熱烈なファンが存在します。

Barbour(バブアー )の代表的モデル

Barbour(バブアー)では、モーターサイクル仕様のライダースジャケット「International(インターナショナル)」や、乗馬用の「Bedale(ビデイル)」、ハンティング用の「Beaufort(ビューフォート)」など、アウトドアを好む英国上流階級の男たちのためのアウターを次々に登場させています。それらの代表的なモデルを順番に見てみましょう。

International(インターナショナル)

1936年にオイルドコットン製ライダースジャケットが発表されました。1950~70年代に開催されたシックスデイズトライアルサーキットに出場したほとんどのレーサーや、1964年に出場した俳優のスティーブ・マックイーンも着用したことで知られ、モータースポーツ全盛期にライダースジャケットの代名詞となりました。

Bedale(ビデイル)

Barbour(バブアー)ブランドを代表するベストセラー「Bedale(ビデイル)」は、1980年に乗馬用に開発されたオイルドジャケットです。

バブアーの代名詞的存在となっており、現在はオリジナル・クラッシック・スリムフィット(SL)の3つのデザインが展開されています。

袖はリブになっており風を通さない仕様になっています。着丈はジャストサイズで着るとお尻が隠れるくらいです。バブアー初心者の方はこのモデルを購入する方が多いのではないでしょうか。

Beaufort(ビューフォート)

ビデイルよりちょっと(6〜10cm程度)着丈が長い「Beaufort(ビューフォート)」は、1983年に狩猟(ゲームハンティング)用に開発されたオイルジャケットです。

袖口はナイロンのライナーが二重になっていて、マジックテープで袖口の調整が出来るようになっています。ゲームハンティング用に設計されたジャケットなので、素早く袖をまくれるようにデザインされています。

こちらもBarbour(バブアー)を代表する商品となっています。

Border(ボーダー)

「Bedale(ビデイル)」「Beaufort(ビューフォート)」とともにBaubour(バブアー )の3大ベストセラーブランドの1つです。

「Beaufort(ビューフォート)」より15cm程度長いロング丈のコートです。オイルドジャケットでかつロング丈なので、きわどいデザインであることは間違いありませんが、ハマればかなり格好良いスタイリングになるでしょう。

Spey(スペイ)

英国王室御用達のアウトドアウェアブランド有名なBarbour(バブアー)のスペイジャケット。フライフィッシュ用に開発されました。

日本人デザイナー吉田十紀人氏がデザインした、「Barbour tokito スペイジャケット」などのウェーディングジャケットがリリースされました。

目指すはグッド・ジェントルマン

年中天候が悪く、霧雨が降るイギリスの街の中で、傘を指すこともなくそのまま着て歩けるのがBarbour(バブアー )のオイルドジャケットです。昔ながらのものを大切にメンテナンスして長く着続けるこの文化が、英国紳士、すなわち、“グッド・ジェントルマン”としての装いなのでしょう。

レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




よろしければシェアお願いします!