安曇野の清流で初パックラフティング体験(万水川)

長野県の安曇野で「パックラフト」によるダウンリバー(川下り)体験をしてきました。

パックラフトとは?

今回お世話になったサニーエモーションさんのホームページから引用します。

どこにでも持ち運びのできる”小くて” “軽い”インフレータブルボート(空気を入れて膨らますボート)のことを、パッキング(Packing)できるラフトボート(Raft)でパックラフト(Packraft)と呼ぶようになりました。その起源は諸説がありますが、近代的なパックラフティングはアラスカを中心に発展しました。

アラスカの大自然を旅する時に、陸では持ち運び用に”軽く”することに主眼を置きながら、川では重い荷物を積める浮力を得られるように考えて作られた、”究極のポータブル・ゴムボート”といった感じです。

カヌーやカヤックだと重くて持ち運びが大変だし、部屋に保管するにも邪魔になりますが、パックラフトは空気を抜いて畳むと重さ2kg、大きさもテントのようにすっきりと収納できます

都会住まいには大変有り難いですね。また、電車やバス等の公共交通機関を使って出発地点まで行き、帰りは上陸地の最寄り駅から帰って来れば、乗り物を取りに戻ったりする余計な手間もかかりません

パックラフティング初体験

そんなわけで、都会住まいで水遊びが好きな私にとって良いことづくめのパックラフトを「BEPAL」で知って購入を検討していたところ、パックラフトの輸入販売元で、体験コースも開催しているサニーエモーションさんのHPにたどり着き、体験コースに参加することになりました。

参加したのは「トレーニング&ダウンリバー安曇野」という入門コースで、午前中に川下りの基本的な技術(フェリーグライド・エディキャッチ・ストリームインなど)を流れが緩やかな場所で練習して、午後からダウンリバー(PR2)で実践するという流れです。

朝の9:00に安曇野の現地に集合ということで、前日には車で30分ほど離れたところにあるツリーハウスに宿泊しました。
Small Base編集長のツリーハウス宿泊体験「千年の森自然学校(体験記)」はこちら

千年の森自然学校でツリーハウス宿泊体験
夏が終わりを迎えて秋へと移り変わっていく季節の境目となる9月上旬のある晴れた週末。長野県大町市にある「千年の森自然学...

いざ乗ってみるとカヤックと比べると安定しているので、流れが静かな場所であれば初心者でも”沈”する(転覆すること)心配はほとんどないといってよいでしょう。しかし浮力がある分、流れがあるところではとても流されやすいので、流れの中で動きを制御することは慣れるまでは難しいと思います。

そこで午前中は、緩やかな流れの場所で横に移動したり(フェリーグライド)、水の流れが淀んでいる場所に入る(エディ・キャッチ)といった動作を練習します。

下の画像は、午前中の練習場所です。カメラは落とす危険性があるのと、撮影している余裕がないため携行していませんでした。そのため、撮影ができなかったのは少し残念でした。

いよいよダウンリバー

午前中の練習(2時間弱)で大体の感覚を掴み、40分ほどの昼食休憩をとった後は、いよいよダウンリバーの実践です。

練習場所の「龍門渕公園」からコースの出発地点となる「県民豊科運動公園」まで車で連れていってもらえます(7kmほど)。

日によってコースが異なるとのことですが、綺麗なことで有名な「万水川(よろずいがわ)」を下って「犀川(さいがわ)」に合流していくというコースだったのでラッキーした。

途中、ワサビの観光農園で有名な「大王わさび農場」裏で休憩しました(地図上の星印の地点)。下の写真はその時に預けていたiPhoneを一時的に使わせてもらって撮影したものです。天気が良く、水も綺麗で最高の体験でした。

数年前に一度、大王わさび農場に観光で訪れて”クリアボート乗船体験”というのをして、水の綺麗さに感銘をうけましたが、まさか、その川をパックラフトに乗って自分で漕いでダウンリバー体験することになるとは想像だにしなかったので感激もひとしおでした。

そしてゴール!

2時間弱かけて、午前中の練習場所まで戻ってきました。

その頃にはパックラフトの操作にも慣れて、力まずに行きたい場所に行けるようになっていました。

参加者は全員で6名、コーチは2名体制でした。教えすぎることなく、程よいタイミングでアドバイスをくれるという教え方でした。助言によって気づきを得る度にぐっと上達するといった感じの繰り返しで、とても心地よく上達することができました。

終わりに

実際の体験を経て、パックラフトというものをより体感的に理解することができ、ますます欲しくなりました。

現在は、いきなり買ってしまうか、もう少しレベルの高い体験コースに参加してから買おうか迷っているところです。

この続きをブログで報告していきたいと思います。

レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




よろしければシェアお願いします!