椿森KOMUNAのツリーハウスで木陰とそよ風に癒されました

台風一過の暑さ厳しい祝日に、ツリーハウスを見学したくて千葉県千葉市にある「椿森KOMUNA(コムナ)」さんを訪問しました。

京葉線に乗って椿森KOMUNAへ

京葉線快速電車に乗って「千葉みなと駅」へ(東京駅から38分)。天気の良い日だったので、車窓から見える青空と東京湾の景色を眺めていたらあっと言う間でした。

それからモノレールに乗り換え、8分ほど揺られて「千葉公園駅」に到着。東京都心からおよそ1時間ほどの移動時間となります。

市街地にありながらも緑豊かなスペース

モノレールの駅を降りると目の前に「千葉公園」が広がっています。せっかくなので、公園の中を通って行くことにしました。
茶室や池を横目にしながら歩くゆっくりと歩くことわずか5分ほどで椿森KOMUNAさんに到着しました。

千葉の主要駅である「千葉駅」からわずか徒歩10分という市街部にありながらも、目の前が千葉公園ということもあってとても緑豊かな場所という印象を受けました。

公園の前の道路を渡って、入口らしい看板のある場所から上を見上げると待望のツリーハウスが見えました。

野菜直売所や屋台(キッチンカー)があって賑やかな雰囲気

椿森KOMUNAツリーハウスのデッキからの眺め

階段を上りきると、住宅街の中の小さな森に囲まれた小さな公園といった雰囲気の空間に2棟のツリーハウスがそびえています。

他にも、ハンモックがいくつもぶら下がっるスペースがあったり、キッチンカーやテントが、休憩や食事のためのデッキスペースがあったりして充実しています。

地面にはウッドチップが敷いてあり、前日までは雨が降っていたにも関わらず、濡れておらず、ふわふわとした心地よい歩き心地です。

ふと気づくと、野菜の無人直売所があり、新鮮でおいしそうな野菜がとても安い値段で売られています。思わず、万願寺唐辛子や茄子を買ってしまいました。

涼しい森の木陰で昼食

ちょうどお昼頃の時間帯でお腹が空いていましたので、キッチンカーで「バターチキンカレー」と「ウインナー(燻製)」、そしてミックスジュースを買って、ツリーハウス下のウッドデッキのテラスで頂きました。この日は猛暑でしたが、大木の木陰で風の通りも良く、心地良いランチタイムを過ごせました。

ツリーハウスの踊り場デッキの特等席で食べている方もいました。

食後は2つのツリーハウスに上ってみました。梯子や踊り場のデッキは、子供達が遊び回ることを前提にとてもしっかりと作られているので、結構な高さがあるのですが、安心して登ることができました。さすが建設会社がプロデュースしているツリーハウスだと感心しました。

椿森KOMUNAツリーハウスの下からの眺め

終わりに

今回は1時間ほどの滞在となりましたが、とても心地の良い時間を過ごすことができました。

キッチンカーも曜日や時間帯によって違うみたいですし、ヨガを始めとした体験イベント等も頻繁に開催されているみたいで、こんな場所が近所にあったら嬉しいな〜と思いました。

帰りは「千葉みなと駅」から少し歩いて港の方を散策してみました。船着場(ハーバー)があって、その周辺には雰囲気の良いレストラン等が配置されていています。工場夜景クルーズや、大島まで往復している観光船も出ているみたいです。遠方から訪問する方にとっては、椿森コムナさんとセットで十分に楽しめると思います。

「千葉でツリーハウスが楽しめるスポットまとめ」を見る

施設情報(椿森KOMUNA)

HP  http://tsubakimorikomuna.com
住所  千葉県千葉市中央区椿森1-21-23
営業時間  9:00〜21:00
定休日  不定休
アクセス  千葉モノレール「千葉公園駅」より徒歩3分、JR「千葉駅」より徒歩9分
 ※車の場合、駐車場がないため近隣の有料駐車場を利用

レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




よろしければシェアお願いします!