ツリーハウス・カフェで絵本のような世界に浸る

irving-placeのツリーハウス

週末日曜日の午後、白金台にあるツリーハウスのあるカフェ&レストラン「アーヴィングプレイス」に行ってきました。

緑と調和のとれた外観

プラチナ通りの坂道の少し開けた四叉路の一角に、屋上から溢れ出た植物がひときわ目を引く、緑色で落ち着いた建物があります。その3階に、緑を眺めながらゆったりと過ごせる「アーヴィングプレイス(irving place)」はあります。

このビルは「BIOTOP(ビオトープ)」という複合型ショップで、

“ビオトープ” とは、「生き物の、ありのままの生態系が保たれた空間」という意味の環境用語。これを新しいかたちのセレクトショップとして都会に実現しようと、2010年3月、東京・白金台に、ライフスタイルからファッション、ボタニカル、フードまでを提案する複合型ショップ「BIOTOP」をオープンしました。

とホームページにあるように、1Fでは植物やコスメ、生活雑貨等が、2Fではアパレル用品が売られていて、ビル全体がライフスタイル提案型のビルになっています。アパレルのJUNグループが経営しているそうです。

広くて落ち着いた店内

中に入ると、店内は想像以上に広くて奥行きがあります。緑の木々とプラチナ通りを見下ろすテラス席に出ることができます。ペット同伴可のため、犬と一緒にゆったりとくつろいでいる先着のお客さんがいました。

お店の一番奥の部屋は天井が高くなっている木目の空間があります。

奥の部屋には豪華なソファーが置いてあり、大きな窓の外には庭のツリーハウスの小屋が目の前に迫っています。

ぜひ、この豪華なソファーに座ってツリーハウスをゆっくりと眺めたいものだと思いましたが、我々は2人だったこともあり、ソファー席には座らせてもらえませんでした。

また、ツリーハウスの目の前にもテーブル席があるのですが、子供連れのママさん達が延々とおしゃべりに興じていたので、残念ながら遠巻きに眺めながら撮影するしかありませんでした。

昼食は済ませてからお邪魔したので、カフェ・メニューから、クレームブリュレとアイスクリームを頂きました。味は美味しかったです。価格は白金台価格で、デザートとドリンクで1人1700円程度でした。

安くはありませんが、場所と雰囲気と味を考えれば妥当、店員さんのサービスがもっと良いと嬉しいかな..という感じでした。

3階建ての高さのツリーハウス

カフェで休憩を済ませると、ツリーハウスを眺めるために1階から裏庭に出てみました。ビルの壁に沿って鉄製の階段が設けてあり、3階の高さまで登ってツリーハウスの中に入ることができます。

irving-placeのツリーハウス

ツリーハウスクリエイターの小林崇氏が制作したというツリーハウスは下から眺めると星の形をしたデザインでした。

中は大人2人が入れる程度の広さで、壁は斜めに窓が配置してあったりして、絵本の中の世界のようでとても可愛いのですが、しばらく立っていると平衡感覚が麻痺してきます(笑)。

終わりに

このような都会(かつ高級住宅地)で、建物の外からは見えない裏庭にこのようなツリーハウスが隠れているとは思いもよりませんでした。

まさに大人の秘密基地、といった趣のツリーハウス、一見の価値はあると思います。

ここから徒歩15分のところにある麻布のツリーハウスカフェ「Les Grands Arbres」の情報を見る
「東京でツリーハウスが楽しめるスポットまとめ」を見る

施設情報(アーヴィングプレイス)

HP  http://www.biotop.jp/
住所  東京都港区白金台4-6-44
営業時間  11:00-23:00(L.O 22:30)※ランチ・タイムの設定あり、ブランチ・メニューあり
定休日  不定休
アクセス  東京メトロ南北線「白金台駅」から徒歩10分

レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




よろしければシェアお願いします!